全国から利用可能介護用品を手軽に注文販売

生活しやすい設計

高齢者が増えていく時代で

我が国は、先進国の中でもとくに高齢者が多く、子供もの人数も少ないと言われています。少子高齢化はこれから進行していく可能性がかなり高いです。そうなってくると、必要になってくるのが住宅のバリアフリー化です。 バリアフリーと言う言葉自体は定着しましたが、住宅のバリアフリー化はまだまだ進んでいません。最近の新築の家は、最初からバリアフリーを導入していることが多いですが、既存住宅ではバリアフリーの普及率は低いです。しかし、高齢者が増えていくこれからの時代は、リフォームをしてでもバリアフリーにしておいた方がいいと言うことが考えられています。最近では、バリアフリーのリフォームに助成金を出す自治体も増えてきました。

バリアフリーのためのリフォーム費用

既存住宅をバリアフリーにするためのリフォーム技術は、大きな進歩しています。昔よりは、リフォーム費用も下がってきていますし、工期も短期間で済むようになってきました。とは言っても、思っているより工事の規模が大きくなることはよくあります。既存住宅の構造に左右されることが多いのです。 廊下などに手すりをつけると言っても、単純に壁に手すりをつければいいと言うわけではありません。手すりをつけるために壁の補強工事が必要になることも多いです。また、てすりをつけた場合、廊下の幅がてすりの分だけ狭くなります。場合によっては廊下を広げる工事が必要です。バリアフリーのためのリフォーム費用は、かなり余裕を持たせないといけません。