全国から利用可能介護用品を手軽に注文販売

注意点を守る

購入する際の注意点と気を付けること

介護用品を選ぶ際の注意点としてまず、どのようなものが必要かということを知る必要があります。使い道のないものを購入しても意味がありませんので、実際に使用するものを選びます。介護用品の杖一つにしても様々な種類がありますので、どれを購入すればよいのかを考える必要があります。杖の種類だけでも10種類以上あるので使用する方にあったものを業者や介護職、ケアマネージャーに相談するとよいです。  また車いすなどでしたら、自走式や介助式、電動車いすなどもあるので使用する方の状態に応じて購入することをお勧めします。介護用品と言っても移動や寝台、入浴に使用するものだけでなく食事に使用する介護用品もありますので何が必要で何がいらないかを確認しておくことをお勧めします。

介護用品を使用する際の情報

実際に介護用品を購入する際には、まず購入するのかレンタルでもいいのかを決めておくとよいです。介護保険を使用して1か月レンタルすることも可能ですので、買わなくてもいいものはレンタルで済ませておいて方がいいです。ですが、介護保険を上限額まで使用してしまっている場合などは購入もやむをえません。  また大抵のものはレンタルすることができますが、食事の際に使用する自助食器やスプーン、移乗の際に使用するリフトの吊り具などは衛生上や安全面の為に購入しなければなりません。どの介護用品を使用する場合でもまずは、介護職の人や福祉用具取扱店に相談することをおすすめします。そうした上で購入、レンタルをしていき、必要なものだけを購入した方がいいです。実際に店舗などへ行くのが難しい場合などはカタログなどもありますので参考にしてみるとよいです。